どんな時代も女性は大変

第4週がアップされました。

今週は、早くも猟奇殺人犯が捕まります!
全12週配信予定なんですが。
4週目の今日、もう犯人、分かっちゃいます。
人の腕を喰ったのは誰だ!!
ぜひ、サイトでご覧ください。

ネタバレしたくないので、本日はこの辺で話題を変えて。

この記事のサムネは岩手日日さんに作っていただいた、いけころしPR動画です。
僕もPR動画を用意しようと思って少し手はつけたんです。
が、なんせ今月は年度末。
制作の仕事は一年で一番忙しい時期なんです。
そんなこんなで、原稿の締め切りで精一杯でした……
今もブログ書いてる場合じゃないのです(汗。

特に打ち合わせしたわけではないのですが、
岩日の編集部の方たちも同じことを考えていたようで、
ホント助かりました。
こちらもぜひ、岩日サイトでご覧ください。

音楽がいい感じです!

で、本題の、どんな時代も女性は大変って話ですが。

実は数日前に母親が腕を骨折したんです。
自転車から降りるときにバランスを崩して、
利き腕の右手首をやっちゃいました。
がっつりギブスで、全治一か月。

仕事の関係で母親は盛岡で一人暮らしをしています。
施術後に、病院の待合室で原因不明の気絶をしたことも重なり、
病院の先生から一人にしておくのは怖いので、盛岡まで来てくれませんかとの電話。
で、結局、暫く盛岡生活です。
僕は、まあパソコンさえあればどこにいてもできる仕事なんで。

今現在、母は体力的には普通に戻りました。

が、やっぱり利き腕なんで、色々と大変です。
ご飯を食べることも、風呂に入ったり、顔を洗うことも何とかできるんです。
着替えも化粧もギリなんとか。
ただ、髪をセットすることができない。
これは利き手が使えないと、まあ無理です。
男性なら諦めて暫く坊主で過ごすことも可能ですが、
女性はそうはいきません。

母の髪をセットしながら、
女性は大変だな……と、つくづく思ったのでした。

\フォローしてね/

天下にきらら ~幕末少女伝~

著:吉田真童
価格:648円

新世代幕末活劇
時は幕末、文久三年の内藤新宿。ここに、努力をしないで「天下に名を轟かす」ことを夢見る一人の少女がいた。その名は、きらら。その自由気ままな行動は、大宿場町の名主・青木屋彦衛門の逆鱗にふれてしまい、彼女は刺客たちに命を狙われることになってしまった。はたして彼女の運命は……。歴史上の人物たちも彼女の不思議な魅力に振り回されてしまう。