文学フリマ岩手に出店してきました。

2019年6月9日、文学フリマ岩手に出店してきました。
盛岡の岩手県産業会館(サンビル)で、今回は四回だそうです。
文学フリマって何?って思う方もいると思うので簡単言うと、
文学系のコミケですね。
コミケって基本、2次創作でコスプレ有りなんですが、
文フリは1次創作でコスプレ無しって感じです。でも、コスプレっぽい人もいましたけど。

『ぽ』の人とちょっと話をしました。

なんでも関東の人で、文フリ参加は10回以上とか。
次は札幌、大阪、福岡と続いていくのですが、
全部出ます!と言ってました。

大阪の歴史小説勉強会の『茶話歴談(さわれきだん)』さんの歴史小説短編集。

読み応えありそうな本です。
これからじっくり読ませもらいます。

 
で、お会いしたかった一関文学の蔵のみなさん。

伊藤さん、佐藤さん、ありがとうございました。
楽しくお話させてもらいました。また機会をつくってお会いしたですね。

売上はというと……。
まあ、ちょっとね、一般の来場者がね。
正直、盛岡だったら他にも会場はあると思うんですね。
盛岡に行くようになって9年目ですけど、
サンビルの中に入ったのは、初めてでしたから。
入口どこよってビルなんで。
メジャーなところでも意外と会場費ってそんなに高くないですし。

今度は、東京開催に行ったろかな。
いや、マジコミケかな……(笑

\フォローしてね/

天下にきらら ~幕末少女伝~

著:吉田真童
価格:648円

新世代幕末活劇
時は幕末、文久三年の内藤新宿。ここに、努力をしないで「天下に名を轟かす」ことを夢見る一人の少女がいた。その名は、きらら。その自由気ままな行動は、大宿場町の名主・青木屋彦衛門の逆鱗にふれてしまい、彼女は刺客たちに命を狙われることになってしまった。はたして彼女の運命は……。歴史上の人物たちも彼女の不思議な魅力に振り回されてしまう。