栗の簡単な剥き方と保存方法

栗を剥く簡単な方法……。
検索してみるものの、いまいち「コレ!」っていう方法がヒットしませんでした。

ところが先日、知り合いから「これぞ!」という方法を教えてもらったので、
プレビュー稼ぎ(笑)に記事にします。

ちなみに、ここで言う栗は『生栗』。
干したのはダメですからね。

使うのはこれ↓

季節になるとホームセンターには必ず置いてます。

で、こうやって剥きます↓

ね、簡単でしょ。
動画の再生時間を見てお分かりの通り、約1分で一個剥けます。

で、保存方法ですが。
ジップロックに白砂糖を入れて栗を入れて、
ジップロックの中で栗に白砂糖をまんべんなくまぶして、
冷凍庫で保存です。

この方法だと3カ月くらいは鮮度を保ったまま保存できます。
なんでも、野菜を冷凍すると糖分が抜けるようで、
それを白砂糖で補うという感じらしいです。

ちなみに竹の子とか他の野菜でも、
この保存方法は有効らしいです。

たくさん栗をもらったので、
画像のモンブランを作ってみました。

これで↓ カップケーキを焼いて、

その上に生クリームを敷いて、モンブランペーストをのせる。
これだけ!

モンブランペーストのレシピはこんな感じ……。
材料
ーーーーー
栗 100g
牛乳 35㏄(栗に対して35%)
砂糖 20g(栗に対して20%)
無塩バター 10g程度
ーーーーー
①蒸かした栗をミキサーで細かくします
②ボウルに細かくした栗、牛乳、砂糖、溶かしバターを入れ混ぜる
③混ぜたものをザルなどで裏ごしする

どうですか?
簡単でしょ。

\フォローしてね/

いけころし ~伊達男捕物帳~

著:吉田真童
毎週水曜更新

1828年の江戸を舞台に描く捕物帳シリーズ。
臨時廻り同心の万五郎と雲助の久四郎という、生きる世界が全く違う二人が悪人を捕まえる。生かすも人、殺すも人、しかしそれを裁く人間が真の正義を知っているのだろうか? 二人は模索しながら反発し時には協力し、それぞれの正義に従って悪を成敗する。